薪割り

春の陽を受けて気持ちよさそうに爆睡するにいな
画像




画像





 先週の暖かい日、ウッドデッキで早春の陽を受けて昼寝するにいな。

 最初は薪割りをチェックしていたのだが、そのうちにバタンと寝てしまった。

 それも敷物から頭がはみ出ている。




薪割り機にセットされた丸太
画像



 この薪割り機、能力的には低いものだが

 素性の良い(節少ない)丸太なら30センチ近くまでの太さのものが割れる。


 斧でパカンと割るほうが気持ち的にはすっきりとするが、

 たくさん割ると疲れる。

 やっぱり機械にはかなわない。


 真中から割れないときは端のほうから少しずつ割って行く。

 それでも無理なものや、節や曲った丸太は
 
 ストーブの焚き口に入る大きさの塊に

 チェーンソーで切ってしまえば無駄にならない。



やっともう少しで終りになった丸太
画像



 残りは節持ちや、割れそうにないものが多く、時間かかりそう。



ウッドデッキの庇の下にうず高く積まれた薪の山
画像



 これは来シーズン用の薪

 

紫のクロッカス
画像



 工房の庭に目をやると紫のクロッカスが咲いていた。



黄色のクロッカスと白のクリスマスローズ
画像




色の濃いクリスマスローズ
画像











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック