テーマ:薪ストーブ

箱や籠が大好き

捨て猫ではありません  ボクとキルアのこの2、3日の遊び方。  ボクとキルアのご飯が宅配便で届いた。  早速その空き箱を貰って大喜びのボクとキルア。     段ボール箱に入って捨て猫遊び。  親は段ボール箱を片付けたいらしいが、  もう少し待ってね。 ボク等が飽きるまで。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒いよ!ストーブ!

冷たいストーブに抗議のボク  4月も半ばを過ぎると暖かいのでストーブを焚いてくれない。  ボクとしては大いに不満。    ボクにはまだまだ寒いので朝だけでも焚いて欲しい。  そうすればその余韻で昼過ぎあたりまで楽しめる。  ちょっと熱い時にはそばでゴロリ。  少し冷めてきたらストーブの下にもぐり込んでグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲良しです

ご飯をお座りして待つみゅう  いつもこうしてご飯やおやつをハウスでお座りして待っています。  猫のみゅうも犬化してます。 ふたり(二匹)で仲良く遊んでいます  ボクはみゅうが家に来るまで、  猫は怖い動物だと思っていた。  一緒に住んで約2年。  お互いにだいぶ慣れて、相撲を取るほどにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ストーブの季節

ストーブ用の薪と格闘中のみゅう  またストーブの季節になってしまいました。  久しぶりに登場のみゅうは元気です。  ストーブ用の薪と格闘中です。 ストーブの下で遊ぶみゅう   今度はストーブの下で遊んでいます。  ちょっと火が点いているからね。  火傷しないでね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みゅうも元気です

レジ袋で遊ぶみゅう  どんなものでも遊び道具にしてしまうみゅう  今度はスーパーのレジ袋で遊んでいる でもやっぱりストーブさ  遊びに飽きると寝る。寝る。寝る。  それもストーブの横でノビタ君 でもやっぱりストーブさ ―その2―  ストーブの台の縁に肘掛て  そんなに近くで焦げちゃうよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪割りのお手伝い

ボクも薪割りのお手伝い  今年も薪割りのシーズン。  ボクも少しはお手伝いをしています。  昼間はお日様が出れば暖かいのに、夕方から寒くなる。  薪ストーブに火を入れてもらって暖かくして寝るのが楽しみ。  やっぱり何か石油温風機と違って暖かさが違うようだ。  それはみゅうが一番知っている。 みゅうは暖ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割った薪の確認

割られた薪を確認するボク  昨日、パッカンパッカンと音がしていたのがこれか。  結構いい匂いのする木もある。  この木はまだ乾いてない、  この木はよく乾燥しているから勢いよく燃えるだろうと、  割られた薪を確認するボク。  これでまたみゅうのやつもストーブの横でごろ寝が出来るということだ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブ用の薪割り

薪ストーブにはこれが必要  ストーブ用の薪割りを行なった。  薪は近所で竹藪の伐採を行なっていた時混じっていた雑木を頂いた。  すべて持って行ってと言われたけどそんなには運びきれない。  昨年ストックしておいた薪をチェーンソーで切って太いものは斧で割る。  きれいにパッカリと割れたときにはスカッとして気持ちが良い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪ストーブ大好き

座布団を敷いてストーブで暖まるみゅう  みゅうは部屋の窓やお風呂場の窓から外を眺めたり、  あちこちのパトロールから帰ってくると、ストーブの前に座って暖まる。  暖かくなるとまた探検。結構忙しそうだ。  ボクは散歩から帰って、ご飯を頂けばもう昼寝なのに。 ストーブ台の縁を枕にして寝ていたみゅう  えっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪ストーブで落花生を煎る

赤々と燃えるストーブ  このところの寒さは東京にいたとき、床暖でポカポカと昼寝をしていたボクにはちょっと応える。  そこで薪ストーブの出番。これを焚くと石油ファンヒーターにはない温かさだ。  これならゆっくり昼寝も出来る。   落花生を煎る  何やらちょっと焦げ臭いと思ったら落花生を煎っていた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more