テーマ:

今年ももう少しで終わりです。もうすぐ新春です。

年の暮れなんて関係ない、ボク(みゅう)とキルア  どんな時だって遊ぶボクとキルア 新春です。梅がもう咲いています    にいなとの散歩道で見つけた梅の花。    もう咲いていました。 侘助も咲きました  工房の庭の一重の白い椿、侘助も咲きました。 クリスマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の散歩(ブラシの木と牛ガエル)

ちょっと珍しいブラシの木  真っ赤なブラシのような花。  コップか何かを洗うのに丁度よさそうなブラシ。  朝の散歩で見つけたブラシの木。 道路に迷い出てしまった牛ガエル  こちらは近くの田んぼの用水路から迷い出てきた牛ガエル。  写真を撮った後は、用水路の方に追って逃がしてあげた。  捕獲して唐揚げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は五つ。大山蓮華の花。

やっとここまで開いたオオヤマレンゲ(大山蓮華)  昨年の6月1日の記事の願いどおり今年は5つの花が咲きそうな大山蓮華。  今回開いた花の他にまだつぼみが4個。  木も大きくなってやっと植えられた場所に馴染んできたようだ。    5月の終わり頃より蕾の鬼皮が剝けて、今にも開きそうだったが、  朝晩の冷え込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今が旬、芍薬(シャクヤク)の花

今年は咲いた白のシャクヤク  シャクヤク(芍薬) ボタン科の多年草。大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。  今、工房の庭にはバラなどの色々な花が咲いているが、  これだけの大輪はシャクヤク以外にはない。  この白いシャクヤク、昨年は蕾の状態で虫か病気かにやられ、  咲かなかったが今年は大きな花を開いてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝鐸(ホウチャク)草とチャイブの花

ちょっと珍しい花、ホウチャクソウ  ホウチャクソウ(宝鐸草)  ユリ科  宝鐸というのは,よくお寺などの建物の軒先に下がっている大型の風鈴(風鐸)のこと。  日本全国に分布し、雑木林などの樹間のひらけた場所に群生するようです。  工房の庭には今、春から初夏にかけての花が咲いている。  昨年は咲かなかったか、見なかっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の訪れ (その2)

春の訪れを告げるかのようにともに咲いた  ヒマラヤユキノシタと雪割草が咲いた。  どちらも寒いのには強い花ではあるが、  この寒さの中でよくぞ咲いたという感じである。   ピンク色のかわいらしい花  ヒマラヤユキノシタ あまり馴染みがないかもしれませんが。               ゆきのした科  ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の訪れ (その1)

満開の桜  まだ三月になったばかりというのに桜の花が満開の状態。  ボクの散歩の途中で見つけ、早速パチリ。  花見をするにはちょっと寒過ぎ。  早咲きの大島桜と寒緋桜の交配種の河津桜かな?  たまに暖かい日があったかと思うとまた寒い日が。  でも、もうすぐ春。   ピンク色の一重の花
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャガイモの植え付け

種イモを確認するボク  久々に朝から天気が良かったのでジャガイモの植え付けを行った。  まずは種イモのチェックから。ボクの出番だ。  種イモよりはクロッカスの花の方が気になるボク。  4キロの種イモ。種類はキタアカリ。 植え付けを待つジャガイモ  大きいイモは半分に。切った面にはストーブの灰を付けて。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒さに負けず咲く花たち

つぼみが開き始めた雪割り草  冬の淡い日差しを浴びて雪割り草の小さな蕾が開きかけている。  雪割り草 キンポウゲ科 別名:ミスミソウ(三角草)         艶のある葉は 3 つに別れて,先がちょっととがっていて,トランプの「クラブ」に似ている。         このため,「ミスミソウ(三角草)」とも呼ばれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう咲きだしたクリスマスローズ

枯れ葉の中から顔を出したクリスマスローズのつぼみ  この頃ちょっと寒いけどまだ11月。  巷ではクリスマス商戦が激しいけど、クリスマスにはまだ一か月余。  でもこちらはもう準備OK。クリスマスローズの花が枯れ葉の間から顔を出していた。 白くてちょっとかわいらしい花のクリスマスローズ  この株はどうも早咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまごから生まれるキノコ 「ツマミタケ」 

得体の知れぬものが、これはキノコ?  はじめからこの状態であれば、キノコの一種だろうと推測するが。  実はこれが、以下の状態からだんだんと育ったものだとすると・・・・・・ 何かたまごのようなものが  これは何?、なにかの卵? 数日たって上の方が少し割れた状態のたまご  少し割れたところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュウメイギクとホトトギス

雨空の下、秋の花の競演  シュウメイギク(秋明菊) キンポウゲ科  白く花弁と見られるのは花ではなく,萼だそうです。  花(萼)が散った後,黄色くて丸いものがそのまま残っています。  白だけではなく、紫の花のもあります。  ホトトギス ユリ科  鳥の名前を持つ花は他に,サギソウ(鷺草)などがあります。  鳥の不…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキシキブと椿の実

色づき始めたムラサキシキブ  9月になって急に秋めいて来た。庭の「ムラサキシキブ」が色づいて来た。  源氏物語を書いた紫式部とはたぶん何の関連もないのに、秋に小さな紫色の実を付けるので、この名前になったのだろうとは、誰もが考えること。  「ムラサキシキブ」と呼んではいるが、実は違うようだ。     植物図鑑によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花(彼岸花)が咲きだした。

もう咲きだした彼岸花  暑い暑い日がまだまだ続くのに、もう彼岸花が咲きだした。  ちょっと早くない? 白の彼岸花も咲きそう  この彼岸花も前のも園芸用に改良された品種で早生のようです。 あちこちで咲きだした植えた覚えのない高砂百合  この百合の花の名前は鉄砲百合かと思っていたら、どうも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラックベリーの収穫とジャム作り

たくさん実をつけたブラックベリー  バラ科キイチゴ属の一群の種または1種の低木およびその果実。(植物図鑑)  昨年は片手程しかならなかったが、今年はたくさん実をつけてくれた。  7月末頃より赤い実が黒く熟してきた。 だいぶ熟してきたブラックベリー 6月初旬に咲いたブラックベリーの花 収穫したブラッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釣鐘人参、チョコレートコスモス

ちょっと珍しい釣鐘人参が咲いた 別名釣り鐘草 キキョウ科 秋の花。名前の由来は花の形状を見れば一目りょう然。根っこは朝鮮ニンジンに似ていることかららしい。植物図鑑等より。  小さなベルのようにかわいらしい。 全体はこんなです  若葉は食用になるらしい。来年あたり試しに。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボクんちに来た藤の老木

包帯を巻かれたみたいな藤の老木  藤の老木が昨日ボクんちの庭に移植された。群馬県の月夜野からはるばる来た。この老木は100年以上は経っていると思う。  もともとこの藤の木はボクのお母さんの実家に昔からあった。もの心ついた時にはきれいな長い花を咲かせていたとのこと。  この実家を改築する際、切ってしまうのはあまりにもかわいそう、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルリヤナギ(瑠璃柳)が咲いた

瑠璃色(?)の花のルリヤナギ  ルリヤナギ(瑠璃柳) ナス科、別名:リュウキュウヤナギ(琉球柳)  ブラジル原産の常緑低木で,日本へは文永年間に琉球国から渡来したことと,葉が柳に似ていることからリュウキュウヤナギ(琉球柳)とも呼ばれているらしい。(植物図鑑による)  工房の庭のルリヤナギは小さな苗だった。育つのかな?とちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾木香(われもこう)

紅でない吾木香  工房の庭の吾亦紅が咲いた。  金田一京介の「新明解国語辞典 第 2 版」には「吾木香」の見出しで出ており,「吾亦紅とも書く」とされているようです。 ピンクの吾亦紅  そうなんです。ここの吾亦紅は「赤紫」でなくピンクなんです。だから「吾木香」の方が合っているかなと思い、タイトルにはこちらを…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桔梗が咲いた

梅雨空に咲いた桔梗  どんよりと曇った梅雨空、今朝は桔梗が咲いていた。  桔梗科、秋の七草のひとつ。でも6月下旬から8月下旬が花期。通常はこの色。白色もあるがまだ咲きそうにない。この頃は八重咲きのもある。  根っこは漢方薬にもなるらしい。                露に濡れてきれい …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう梅雨なのかなー

梅雨空に似合うアジサイ  今年はアジサイの開花が例年より一週間ほど早いらしい。工房の庭のアジサイもきれいに咲いてくれた。    タチアオイ(アルセア) アオイ科の耐寒性宿根草草丈:60~120cm  隅の方でタチアオイも咲きだした。園芸用に品種改良されたものでこの色はあまり見たことがなかった。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオヤマレンゲの花

オオヤマレンゲ(大山蓮華)-モクレン科ー  庭のオオヤマレンゲの花がこの雨の間に咲いた。木はモクレンに似ている。深い山に生える落葉低木。大きくても4mくらい。とは植物図鑑から。今年は一つしか咲かなかった。二年前に鉢植えだったのを地植えにして昨年は三つ。こうしたことはよくあるらしい。狭い鉢から解放されてやっと生きていけると感じ、安心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてのブログへの投稿日は雨

雨に濡れるホタルブクロ  ボクのブログが開設された日はあいにくの雨。開き始めたホタルブクロも雨に濡れています。  これから、工房よんたでの木工や、ガーデニング、野菜づくりなどいろいろなことを発信していきます。よろしく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more